症状によっていろいろ異なる

さまざまなことが関係しアレルギーに

頭皮のかゆみやフケ、炎症には脂漏性皮膚炎が原因で起こるわけではなく、他にもシャンプーやリンス、その他の化粧品、外用薬の刺激やアレルギーによって皮膚炎を起こすことがあると言われています。

 

そのために、頭皮だけでなく、顔のほっぺやオデコ、鼻など皮脂の放出量が多い所に起こりやすいと割れています。皮膚に塗った化粧品の有効成分などで起きることがあり、脂肪性皮膚炎はホルモンやビタミンの代謝異常などで皮脂の分泌が異常になるものが多く、さらに皮膚が日光に過敏になって起こる日光皮膚炎もあると言われている。

 

一般的には症状が浅くすぐに治ることもあるそうですが、発症した人によっては、そのまま放置することで悪化してしまい、なかなか治りにくくなる。

 

ニナゾルシャンプーの成分で使われているケトコナゾールは、シャンプーの他に「クリーム、飲み薬」としても使われているために、アレルギーにより皮膚炎が起こった場合に利用されることがあります。

 

しかし、アレルギーによっても症状が異なるために、徴候があった場合は医療機関を受診することが大事になると思います。すぐにケアすれば、それだけ回復も早くなるはず。