抜け毛と発毛をうまく使い分けること

薄毛の予防にフィナステリド、発毛にミノキシジル

ニナゾルシャンプーはAGA対策として効果がるために、脂漏性皮膚炎に悩んでいないひとでもつかっているそうです。

 

 

昔と比べ男性、女性に薄毛の悩んでいる人が増加しているとのことなのでシャンプーを利用するときに、ニナゾルシャンプーを使うのもいいかもしれません。

 

しかし、より抜け毛の量を高めるのなら、フィナステリドやミノキシジルを利用することが大事。

 

ニナゾルシャンプーの主要成分であるケトコナゾール2%がミノキシジル2%と似た作用があるということがわかっていますが、あくまで発毛効果。

 

男性の約9割はAGAが原因で、これは男性ホルモンと5αリダクターゼの酵素が関係すると言われています。

 

 

どうしても男性の場合は、25歳以降になるとホルモン量が低下し、それが影響しテストステロンの量が増え、これが頭皮の前頭部と頭頂部に存在している酵素と結合し、抜け毛を増やします。

 

そこでフィナステリドの薬を服用するわけですね。
この薬の役割としては、テストステロンの量を減らす作用があるために、結果的には酵素との結合量が減るために抜け毛の量が格段に減ります。

 

これがAGAの対策で、そこにケトコナゾールやミノキシジルを利用することで血流を活発にするために、発毛コカが期待できるわけなんですね。

 

 

薄毛に悩んでいるなら、抜け毛予防と発毛効果のある育毛剤を選んでから使うことが大事になります。