男性ホルモンを増やすことで効果と副作用が

ミクロゲンパスタによる様々な影響

ヒゲやまつ毛を刻するためにミクロゲンパスタという男性ホルモンを増やす外用剤を利用する人がいるそうです。しかし、副作用に「ぼっしん、発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、水泡、にきび、脂漏性皮膚炎」などが起こることがわかっているために注意。

 

有効成分にメチルテストステロンが含まれており、合成男性ホルモンを増やすために、体毛が濃くなると言われています。とりあえず、塗るタイプなので、その一部分の毛が濃くなるということになります。

 

これは男性ホルモンの中でも作用が最も強く、骨や筋肉をほったつさせたり、思春期に男性器の発育を則し、性欲を増殖させるために男性がメインとして利用されているとのこと。

 

ただし、使い方を間違えると、発育の促進を防いだり、男性ホルモンのバランスの影響でカユミや炎症が起こりやすいといわれています。

 

 

どうしても、塗るタイプなので、体内に強力な男性ホルモンが不自然胃入ってくるために、変調を来す場合が多い。
男性ホルモンの副作用の他に肝機能障害や精子の減少、月経異常、脱毛など、いろいろな副作用が起こる危険性もあるために、利用を考えている場合は効果だけでな他のことも考えておかなくてはいけない。